人生のまつり

 我が子が無事に育ちますように、と祈る心は自然の感情です。子育てほど苦労のしがいがあるものはない、とよく言われるそんな親心が、初宮詣・七五三参りなどに代表される人生儀礼として伝えられてきました。
 日々の営みの中で、互いの無事を願い、喜びをわかち合う人生節々のまつりは、あらためて親子の絆と生命のつながりを実感させてくれます。
 それぞれの通過儀礼に込められた願いと意義を今一度見つめ直す一助になればと願っています。

安産祈願(帯祝い)

安定期に入った妊娠5ヶ月目の戌の日(多産でお産の軽い犬にあやかって)に、赤ちゃんが岩のように丈夫に育ちますようにとの意味の込められた「岩田帯」をしめて命の誕生を喜び、母体の安全と無事に赤ちゃんが生まれることを願って安産祈願をします。

誕生

新しい生命の誕生は「子宝に恵まれる」「子が授かる」と言われますが、神様の恵みを戴いて無事誕生したことに感謝をささげ、両親はもちろん家族一同そろって一家の幸福をお祈りします。

お七夜と命名

家族の祝福を受けて赤ちゃんが誕生しますと、7日目のお七夜に名前をつけるのが習わしです。名前は一生のものですから、子どもの末長い幸せを祈り、子どもに贈る、最初で最高の贈り物と言えるかもしれません。

初宮詣

日取りは地方によって差がありますが、30日前後または100日前後に地元の氏神様に参拝し、誕生させていただいたことへの感謝と共に今後の健やかな成長をお祈りします。尚日取りは、赤ちゃんの様子、冬や夏の厳しい気候の時など必ずしも日数にこだわることなく、お参りされるとよいでしょう。

お食い初め

生後100日目または120日目ころに、お食い初めをします。赤ちゃんに初めてご飯を食べるまねをさせ、一生幸福に育ち、食べるものに困らないようにとの親の願いが込められています

初節句

生まれて初めて迎える節句を初節句と言います。女子は3月3日の上巳じょうしの節句に、男子は5月5日の端午たんごの節句にお祝をします。初節句と初誕生日は、ともに無事に育ったことを感謝し、健やかな成長を願ってお祝いします。

七五三詣

北海道では気候の関係から10月15日に行う習慣がありますが、一般的には11月15日に、これまでの成長を神様に感謝し、これからもいよいよ立派に無事成育するよう祈願します。本来は数え年で行いますが、過ぎてしまった場合は実年齢でも結構です。

男の子女の子
3歳 平成31年/令和元年生髪置(かみおき)3歳 平成31年/令和元年生
5歳 平成29年生袴着(はかまぎ)
帯解(おびとき)7歳 平成27年生
令和3年の七五三詣(年齢は数え年です)
男の子女の子
3歳 令和2年生髪置(かみおき)3歳 令和2年生
5歳 平成30年生袴着(はかまぎ)
帯解(おびとき)7歳 平成28年生
令和4年の七五三詣(年齢は数え年です)

成人式

満20歳となった男女を祝福する儀式ですが、古来の公家で初めて冠をつける「初冠ういこうぶり」・武家で前髪を剃る「元服げんぷく」に由来します。今日では、様々な権利を得ると同時に義務も生じます。自分の行動すべてに責任を持たなければならない立場になったことを自覚する節目でもあります。

結婚式

結婚は数ある人生儀礼の中でも最も晴れやかな節目です。二人が結ばれた御神縁に感謝し、長い人生を互いに手を取り合って苦楽を共にし、幸福な家庭を築き、子孫の繁栄を神様に誓い合います。

結婚記念日

記念日を祝う習慣は欧米より伝えられたもので、日本における始りは明治27年に明治天皇の銀婚式「御大婚25年祝典」が行われ、その後一般的にも広まりました。最も日本に定着したのは銀婚式と金婚式ですが、1年ごとに二人が無事に過ごせたことを喜び合い、記念日や新年の初詣の折などに、気持ちを新たに神様に誓い合い、互いに感謝の気持ちを贈りましょう。

1年目 
紙婚式
7年目 
銅婚式
13年目 
レース婚式
35年目 
珊瑚婚式
2年目 
綿婚式
8年目 
青銅婚式
14年目 
象牙婚式
40年目 
ルビー婚式
3年目 
革婚式
9年目 
陶器婚式
15年目 
水晶婚式
45年目 
サファイア婚式
4年目 
書籍婚式
10年目 
錫婚式
20年目 
磁器婚式
50年目 
金婚式
5年目 
木婚式
11年目 
鋼鉄婚式
25年目 
銀婚式
55年目 
エメラルド婚式
6年目 
鉄婚式
12年目 
絹婚式
30年目 
真珠婚式
75年目 
ダイヤモンド婚式

厄年

竹や木に節があるように私たちの人生にも特に気をつけねばならない変化の節目の年を、人々は豊富な経験に基づいて「厄年」と名づけて心身を祓い清めてつつがなかれと祈り、今後の人生を幸福に力強く生きる契機とする「厄祓い」の神事が行われています。

男性女性
前厄24歳 
平成11年生
18歳 
平成17年生
本厄25歳 
平成10年生
19歳 
平成16年生
後厄26歳 
平成9年生
20歳 
平成15年生
前厄 41歳 
昭和57年生
32歳 
平成3年生
本厄 42歳 
昭和56年生
33歳 
平成2年生
後厄 43歳 
昭和55年生
34歳 
昭和64年/平成元年生
前厄 60歳 
昭和38年生
36歳 
昭和62年生
本厄 61歳 
昭和37年生
37歳 
昭和61年生
後厄 62歳 
昭和36年生
38歳 
昭和60年生
令和4年の厄年表(年齢は数え年です)

年祝い

両親や祖父母をはじめ、一家のものが長寿であることほどおめでたいことはありません。それぞれの年には、無事に人生を送れたことへの喜びを神様に感謝し、ますます壮健で長生きするよう祈願しましょう。長寿の祝は、家族一同そろうことがなによりのお祝いとなるでしょう。

年祝 年齢 い  わ  れ 令和4年の年祝
還暦かんれき 61歳 10干(甲乙丙・・)、12支の組み合わせは全部で60組。61年目に生まれた年と同じ干支に還ることから。 昭和37年生
古希こき 70歳 中国の詩人、杜甫の詩にある「人生七十、古来稀なり」に由来。 昭和28年生
喜寿きじゅ 77歳 「喜」と言う文字をくずし書きにすると七十七と読めるところから。 昭和21年生
傘寿さんじゅ 80歳 「傘」の略字が八十と読めるところから。 昭和18年生
米寿べいじゅ 88歳 「米」の字は離して書くと八十八となるところから。 昭和10年生
卒寿そつじゅ 90歳 「卒」の略字は「卆」と書き、九十と読めるところから。 昭和8年生
白寿はくじゅ 99歳 「百」と言う字から「一」をとると「白」となるところから。 大正13年生

葬儀(神葬祭)

お葬式というと仏式の葬儀を思い浮かべがちですが、神道式で行われるお葬式のことを「神葬祭」といいます。神道では、生命は永遠に連結する霊魂不滅の思想に基ずいています。人間は両親がいて生まれてくるものですが、受けた生命は両親からさかのぼる祖先、そしてその祖先がさらに昔の祖神から授かったものと考え、その様な大事な命だからこそ、「人生のまつり」を大切にしてきました。神葬祭では亡くなられた方の「御霊」を霊璽(仏式の位牌にあたる)とご遺体(遺骨)に遷し留め、その家の永き守り神となって戴く様、生前のご功績を称え、在りし日の故人を偲び厳粛に葬送の儀を行います。葬儀の後の「御霊」は、家の祖霊舎とお墓(奥津城)に鎮まります。常に私たちのそばで私たちを見守ってくれている「祖先のまつり」が大切に続けられます。

タイトルとURLをコピーしました